工法概要施工手順施工対応機種施工事例協会員一覧ダウンロードお問い合わせ・資料請求サイトマップ
工法概要
パイプルーフ工法とは
どんな場合にパイプルーフ工法が必要か
THパイプルーフ工法の
特徴

   孔曲がり測定・修正
   地質と適用ビット

施工手順
鋼管の種類
施工手順1
施工手順2
施工対応機種
TH-100
TH-200
TH-300

施工機械概要
目的別施工事例
山岳トンネル坑口防護
トンネル上部構造物防護
立体交差道路防護
鉄道線路防護
地下拡幅に伴う防護
構造物間の連結防護
協会員一覧
ダウンロード
工法カタログ
施工実績表
工法説明ビデオ
お問い合わせ

 継手無し鋼管(単管)

  • 一定間隔で設置 非回転式圧入パイプルーフ
  • 山岳トンネルや硬質地盤施工に採用される
  • 鋼管サイズは、φ200A〜1000Aまで施工可能
  • 鋼管間隔(L)は、土砂崩壊線と施工精度により決定する

 継手付き鋼管

  • 遮水性や中抜け防止を考慮して連続に設置するパイプルーフ
  • 基準管の1孔目は、単管で方向修正を行い、継手付きに置き換える
  • 2孔目以降は、この継手付き鋼管をガイド管として順次圧入していく
  • 鋼管サイズは、φ300A〜φ1000Aまで施工可能
  • 継ぎ手は、下記の各種のジョイント形状がある

ジョイント形状
【WL型ジョイント】 【CH型ジョイント】 【AH型ジョイント】
特徴 ・等辺山形鋼による加工
・ジョイント間に止水注入が可能
・熱間押出形鋼のためジョイントが強い
・ジョイント部の圧入抵抗が小さいため、
 推進力が低減する
・熱間押出形鋼のためジョイントが強い
・ジョイント部から裏込注入ができる
・ジョイント部の止水が良好
形状
TOPへ

[1]推進工
 ※リアルタイムでの管芯チェック
 ※方向修正しながら推進する。
[2]推進終了・オーガ引抜き
[3]管内充填

パイプルーフ施工形状−単管ルーフ(山岳型)

メガネトンネル配置 メガネトンネル配置 単独トンネル配置

[1]基準管用先導管推進
図1
 ※先導管(継手無し)を方向修正を行いながら到達側まで推進を行う。
[2]オーガ引抜き
図2
 ※推進終了後オーガは発進立坑で回収する。
[3]基準管推進(1本目)
図3
 ※先導管の後ろに継手付鋼管を接続し到達側へ押し出す。先導管は到達側で回収する。
 ※2本目以降は、基準管に添えて継手付鋼管の推進を行う。
図4

パイプルーフ施工形状−継手付きルーフ(都市型)

門形配置 扇形配置 円形配置
TOPへ
HOME     個人情報の取り扱いについて      Copyright © 2008.TH-Piperoof Technical Society, All Rights Reserved.